小学部

Topic news

【オンライン授業】みのまわりのデザインプロジェクトを行いました!

2020.06.03

【オンライン授業】みのまわりのデザインプロジェクトを行いました!

CURIO SCHOOLでは、Zoomを使用してオンライン授業を行っています!
5月のElementaryクラスでは、身の回りのものを利用したチャレンジを行いました!🏃🏻‍♂️

このプロジェクトは、 提示されたお題に何度も挑戦することを通じて、うまくいかないことを振り返りながら、新しいアイデアを出し、試行錯誤していくことの大切さに気付くことを目的としています。

各回の内容と、子どもたちの試行錯誤の例を紹介します😄



第1回目はバランスをテーマに「ペーパータワーチャレンジ」を行いました!
20枚の紙とテープを使って、なるべく高いタワーを作ります🗼


高くすればするほど倒れやすくなっていくので、バランスを保つ構造を考えながら、タワーを作っていきました!

▲ただテープでとめるだけでは、倒れてしまっていたタワー
紙を重ねながら繋げていくことで倒れずに高さを出せるようになりました!




第2回は、空気抵抗をテーマに「ゆっくり落ちるパラシュートチャレンジ」を行いました🪂


ゆっくり落ちるために、より多く空気を取り込む形を考えました。
また、重さと落下速度の関係に注目した子は、パラシュートの軽量化をすることで落下速度を抑えることに成功していました!

▲紙を使用したものとビニール製のもののタイムを比較した子のパラシュート
袋の大きさによっても落ち方が変わることに気付きました




第3回は強度をテーマにした「ペーパーブリッジチャレンジ」です🌉
紙を10枚だけ使用し、ブロックの間に丈夫な橋をかけます!


ただ紙を渡すだけでは、上に載せるおはじきの重さに耐えられずに曲がってしまうので、どうすれば丈夫な構造ができるのかを考えていきました!

▲椅子の形をヒントにしたブリッジ!
片側だけに支えがある状態では不安定なことに気付き、
椅子同士を向かい合わせにした形に改良していきました!





4回目は、摩擦をテーマにした「はやく滑りおちるリフトチャレンジ」です!
2メートルのロープをできるだけはやく滑りおちるように、接続部分を工夫していきました🎿


家にあるものを活用しながら作ったフックを付けたリフトの滑り落ちる時間を、素材ごとに比較検証しました。

▲なかなかうまくいかないという葛藤をしながらも、
素材をビニールテープ→S字フック→紙と徐々に変えていきました!
▲素材の触り心地に着目し、「べたべた」から「さらさら」へ。
そして「つるつる」へとより滑りやすいものへ変えていくことができました!


回を重ねるごとに、「まずはやってみる!」ということに慣れて、試行錯誤の幅が広がったり、仮説を持ちながら実験し、気付きを次の戦略につなげていったりする姿が見られました😊

同じ課題でも、自分の方法と友達の方法が違うことで、唯一無二の正解があるわけではないことも実感できたと思います!


来月も引き続き、オンライン授業を行っていきます!