ニュース

一覧へ戻る

2022

【実施報告】田園調布学園での社会課題解決プロジェクトがスタートしました!

株式会社ボーダレスジャパン様、およびみらい畑株式会社様のご協力のもと、田園調布学園中学3年生を対象とした、MONO-COTO PROGRAM実践編「社会課題解決プロジェクト」がスタートしました。

プロジェクトを通じて社会起業家の活動内容を知り、デザイン思考を実践的に活用しながら課題を解決することが目的です。

生徒たちは、みらい畑株式会社様からいただいた「ミニ野菜の販売数を向上させてほしい」という課題解決に取り組みます。みらい畑株式会社様ではミニ野菜の生産・販売を通じて、農業就業人口の減少や耕作放棄地の増加といった社会課題解決に取り組んでいます。

11月29日の初回授業では、みらい畑株式会社 代表取締役社長 石川美里様から、テーマ課題の出題、および事業背景に関する説明を受けました。今後は各チームでデザイン思考を実践的に活用し、ターゲットの設定やアイデアの提案をしていきます。

プロジェクトの進め方


グループワークに取り組む様子