活動報告

2017.2.4

哲学プロジェクト ~問いを立て、考え、本質を見つける~

  • Elementaryクラス

みんなで考えて、みんなで話し合う

1月の低学年のプロジェクトは哲学プロジェクトです。

みんなで話し合い、みんなで考えていき、自分たちなりの答えを考えていくものです。

毎回、話し合うテーマを変えて

『なんで○○なんだろう?』『どうして○○するんだろう?』

というようなことをじっくり考えていきます。

 

感情、違い、友達、コミュニケーションってなに?

様々なテーマを用意して、あとは生徒たちが話し合っていきます。

その中で印象的だった受け答えがありましたので

いくつかご紹介したいと思います。

 

Q.感情って必要かな?

A.必要。すごい怖いとかの感情はなくなったほうがいいけど、ちょっとこわいぐらいの感情だったら勉強にもなるからあったほうがいい。

Q.嫌いな感情はなくなった方がいいか?

A.怒りや悲しみといったことが言えなくなる。攻撃されても文句が言えなくなるからあった方がいい。そういう感情がないと人生が保てないのではないか。

Q.友達になるためにはどうする?

A.楽しい仕掛けを作る!それで一緒に遊んでから友達になろうって言う!

Q.友達ってなに?

A.楽しい人、手伝ってくれる人、一緒に帰ってくれる人。

Q.コミュニケーションってなに?

A.話すことだけじゃなくて、遊ぶこと。

これらの受け答えはすぐに出てきたものではなく、

ファシリテーターも含め、みんなとじっくり話して、自分なりで導き出した答えたちです。

まとめ

今回の哲学プロジェクトで自分の意見を伝える力を育むとともに、

それぞれの考えが違うことを理解し、人の意見を受け入れる力を育んでいます。

この力は、他の人と一緒に何かをするときに必ず必要な力なので、

小学校低学年のうちからしっかりとCURIO SCHOOLでは育んでいきたいと思います。

ページトップへ